2006年07月30日

ありがとう!!


金曜の夜に パパさん帰宅しました 揺れるハート 揺れるハート

今回も熱烈歓迎!!

耳舐め終了・・・歓迎セレモニーも終わり、パパさんとまったり 顔(メロメロ)

画像 581.jpg 画像 578.jpg

前回のまろんのケガに関しては、

皆さんにご心配をおかけしまして大変申し訳ありませんでした。

温かいお言葉の数々、凹んでいた飼い主にはとても心強い励ましでした。


おかげ様で傷もそんなに大きくなかったようで

まろんも翌日には気にする様子もなく普段通りの生活を送っています かわいい  かわいい





相手の方のまろんや私に対する態度については

人間同士じゃなく動物だし・・・だけど、ああいった態度でいいの?

家に帰って、あの時の事を振り返るとどうも釈然としない思いが・・・。

皆さんのコメント・・・そういった思いは私だけじゃないんだ・・・と

かなり安心した思いで拝見していました。



翌日、夕方のお散歩の時間、ゴンちゃんのパパさんが

ご自宅の門の前でまろんが出てくるのを待っていて下さいました。

『 もう、我が家のコースは鬼門になるかなぁ・・・』とご夫妻で心配してらしたそうで

まろんがパパさんを見つけて走って来てくれて嬉しかったそうです グッド(上向き矢印) グッド(上向き矢印)

その後、ゴンちゃんと並んで 犬(足) 犬(足) したのですが

ママさんが

『 向こうの方が何も言ってこないようなら、私が言って来ますよ。 』と

でも、我が家は離れていますが、ゴンちゃん家は斜め向かい・・

この先のご近所付き合いもありますし、

ママさんにこれ以上嫌な思いさせるのも申し訳ないですし

あの時点であの態度には私も納得できませんが

これ以上、問題を大きくするつもりもなかったので丁寧にお断りしました。


ママさんがおっしゃるには

『 同じ動物を飼っているモノとして許せない態度だったしね・・・

動物同士の事だけどそれ以前に人間として常識がないわ。 』と。

私も同じ意見でした。

2年程前、今回の飼い猫が行方不明になり

かなり手を尽して探したらしい事を聞きました。

そういった切ない思いをしてるはずなのに・・・・。


わんこはお散歩をする事でご近所や散歩コースのお知り合いが増えます。

私はその上、blog を通して皆さんとお知り合いになれました。

ですから、いつも会うわんこと2.3日会えないと心配だったり

blog のお友達わんこの具合が悪いと心配だったりしますが

猫のお散歩は飼い主さんの考えで、

リードつきの子もいれば放し飼いの子もいます。

ご近所の庭や駐車場への粗相の多さ、困る事もかなり多いです。

そういった猫の行動をどれくらいの飼い主が把握してるんだろう・・。

わんこに比べれば日々のつながりも少ないし・・・

他の動物に対する考え方もクールなのかな・・・と

そんな事を考えたりしました・・・。



しかし実際、実家では何匹も猫を飼っていた時期もあり(今は1匹)

飼い主である家族の対応、猫が大好きな友達も数多くいますし、

周囲の猫好きな人を見る限り、私の考え方は間違ってます。

何年か猫と生活を共にしてきて、猫の可愛さはよくわかっているつもりです。




今回の事は犬と猫の違い、飼い主の考え方の相違・・・

改めて色々な事を考えさせられた出来事でした。



のんびり へそ天 まろん 顔(笑)  元気です るんるん
 

画像 579.jpg




この記事を作成するに当たり、自分なりに言葉を選んだつもりですが

不愉快な思いをされた方がいたら申し訳ありません。

自分の子が一番可愛いですが、

常に動物の目線で一緒に生きて行けるような世の中になったらいいですね。

その為には自分は何をすればいいのか考えながら、

まろんと楽しく過ごして行きます。




ニックネーム まろんママ at 00:38| Comment(28) | TrackBack(0) | ママ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんな深夜にこんばんわ!まろんたん、パパと、まったり可愛いね。
そうそう、私も猫って・・・いつもアレマロの散歩道にいるんだよね。いきなりフーッていって爪立ててきたりするから、私も恐くて!特にアレマロが何かされたら、ことばが悪いけどムカつくよ。1度、アレックスが、何処かの猫に目の上を傷付けられて出血した時は、ショックだったゎ。
猫は放し飼いが殆どだから飼い主は猫の行動を把握してないと思いますよ。
まろんたん、大事に至らなくてほんとに、良かったわぁ。安心・安心。
まろんたんの、ヘソ天写真、超ウケた!!
Posted by アレマロのママ at 2006年07月30日 02:30
う〜〜む、書き言葉って難しいですよね。私、以前よそのブログで失敗した
苦い経験があります。
だからそれ以降は、余計なこと書くまい・・と無難な言葉になって
でもそれって心がこもってないというか、奇麗事ですよね。
犬もいろいろ、猫もいろいろ、飼い主もいろいろ・・・
だけど我が子も大切だけど、よその子も、その家の大切な子、なんですよね。
まろんママさんの心配をよそに、元気になったまろんちゃん。
怪我も病気もしないのが一番ですね。
Posted by こーうぶママ at 2006年07月30日 17:16
まろんちゃんの怪我が大した事にならなくて良かったですね。

うちは、息子が2歳くらいの時に近所の飼い猫(その猫はリードしてました)に手を噛まれて1週間くらい病院通いをしたのです。
飼い主は謝りには来たのですが、怪我の具合や治療費の事など気にしてない様子!!
パパは『これからの近所付き合いもあるから、誤りに来ただけでも良しとしよう。』と  言いましたが、15年も前の事ですが、いまだに納得がいきません。
今でも息子の手には噛まれた跡が残っています。
Posted by 奈々ママ at 2006年07月30日 17:18
うんうん!!(^o^)丿酒酒

言葉の表示ってとても難しいですよね。。。
私は酒酒!ってごまかしていますが(本当に飲んでいるのですか・・・)
上手く言葉を使えていません。。。
文章って本当に難しいとおもいます!

動物嫌いの方はワンコでもニャンちゃんでも駄目な話は良く耳にします・・・
カーペットやワンコ用品を掃除の際にパタパタしていると風で隣りの家の家庭農園の野菜に毛があってトラブルになった話も聞きますし 実際私も近隣の方に迷惑を掛けていないかと聞かれると自信がありません。。。
頂き物があればオスソワケをして機嫌をとったり・・・(爆

今回の事でまろんママさんの選択はゴンパパさんの事を考えると正解だったのかな〜〜?
でも私が自分の子がされたら怒るかもしれないし難しいなぁ〜〜・・・

でっ!!
パパさんは痩せて帰ってきましたか??(爆
まろんママさんの手料理で充電してまた仕事にもどったんですよね〜〜・・・
泣いた人はいたかな〜〜??(笑
Posted by ちっぷぱぱ at 2006年07月30日 21:35
文章を書くって、難しい。。。
人柄とか出ますよねぇ、だからこそ難しいなって感じます。

私は、この週末に考えていた事が、
言葉の発し方(話し方)だったんです。
だから、まろんママさんが文について考えていらっしゃる事に、とても共感して読みました。
社会人になってから、本音で話さなくなったというか、見えない点線を引いた無難な話し方をしてるかもと思いはじめて・・・

お散歩していたら、初対面でしたが、
すっと心に入って気を許せる話し方をする方に先日お会いして、素敵だなぁと^^
自分には出来ないし、馴れ馴れしく思われて、失礼と思うかなとか、色々考えちゃうんですよね。
文も読み手がどう思うのか考えちゃったり・・・

実家に猫がいますが、犬の飼い主さんは
犬によく気を配ってるなぁと思います。
自分の子はもちろん、他の家のわんこにも配慮してそうです。
そういう違いがトラブルの時の反応に繋がるのかな??
Posted by リッキーママ at 2006年07月30日 22:23
まろんちゃん、大事に至らなくて本当にヨカッタです。
でもやっぱりネコちゃんの飼い主さんの態度にはどうも疑問が…。
自分の子が同じ立場だったらそうするの?って聞きたくなってしまいます。

自分の家の子が一番だというのはどこのお宅でも一緒だと思います。
だからこそ自分のうちの子が何か問題を起こしたらすぐに誠心誠意を見せる態度を取ってもらいたいな〜と思ってしまいますよね…。

とにかくまろんちゃんが大事に至らなくて本当に良かったです!
Posted by アポロ at 2006年07月31日 00:02
ネコは天下の回り物といいますから
飼い主が把握できてないことは多いと思います。
だからといってなんの責任も無いか?といったらそれは違うと思うし、動物を飼うと決めたからにはそれ相応の対応や付き合いを頭に入れてからでなければ飼う資格が無いと思えます。

私も文章を書くときはかなり頭をひねりますよ〜〜 笑
相手の表情が見えない分気を使う反面、うーんもっと素を出したいと思うときもしばしば 笑
Posted by 歌織♪ at 2006年07月31日 15:18
☆アレマロのママさんへ

おかげ様でもうすっかり元気です!!

アレックスくんの目の上のケガは失明の恐れもあるので
ママさんもとてもショックでしたね、それは野良猫?
お散歩の時に見かける猫は(野良なのか飼い猫なのか?)
あまり近寄ってこないので庭に入り込んでの粗相に
閉口していたくらいだったのです。
こういった事が起こって改めていろいろ考えました。
野良猫が多いのも元はといえば人間が原因なんだろうし・・・。
猫と犬は同じ動物ですが飼い主の意識の違いは埋まらないのかな・・・。
普段の行動の制限、特に猫は仕方ない部分もありますが、
相手がいる時の対応が、飼い主さんで違いますね・・・。
Posted by まろんママ at 2006年07月31日 18:36
☆こーうぶママさんへ

今回、PCの前に何時間いたんだろう・・・。
ただ経過を書けばいいのか・・・少しでも自分の気持ちを
吐露すると止らなくなりそうな恐れアリだったし・・。
でも、何日か経過していたので私も落ち着いていましたが
本当に今回は迷い、悩みながらの記事作成でした。
ママさんは以前苦い思い出がおありなんですね・・・。

『猫も必死だった・・・』
『よその子もその家の大切な子・・』その通りですよね。

以前は何かあっても自らを省みる事もありませんでしたが
人のフリ見て我がフリ直せって言葉がこの年になって身に沁みます。
Posted by まろんママ at 2006年07月31日 20:38
☆奈々ママさんへ

ありがとうございます、もうすっかり元気娘です♪♪

息子さんの傷が15年経っても未だに残ってるんですね・・。
ご近所同士の問題って本当に難しい・・・。
これから先も顔を合わせて暮らしていなかなきゃならないし。
ご主人のおっしゃる事もよくわかります。
猫だから傷つけても許される・・・そう思っていたのかしら。

昔、公園へ行った時に水を飲んでいたコーギーがあまりにも可愛くて
私がなでようとして手を出した瞬間に噛まれた事がありました。
私がその子を驚かしてしまったのに、
飼い主のご夫妻はこちらが恐縮するくらい謝罪されて
『予防注射はしていますが、何かあったら連絡下さい』と電話番号を私へ。
きっかけはどうであれ、怪我をさせた責任という意味を
飼い主になった今、改めて思い出す事があります。
Posted by まろんママ at 2006年07月31日 20:58
難しい問題で、どうコメントしていいのか悩んでしまいます。
(それこそ、どう書いていいのか…って感じです)
猫にしても犬にしても、全てにおいて飼い主の責任で細心の注意と気遣いをしなければいけないということですよね。
ほんのわずかの心無い飼い主のおかげで、動物を飼うもの全てを×とされてしまいかねない・・・そういう社会であることは間違いありません。
って、結局何が言いたいのかって感じになってしまいましたが、お互いにがんばりましょうね。

Posted by mari-rin at 2006年07月31日 21:10
☆ちっぷぱぱさんへ

皆さんにわかっていただくにはどうしたら・・・とか
それは絶対無理だわ!!とか
表現力がないのは自分のせいなのに終いに逆ギレしたり(笑
脳内細胞が活性化されたか毛細血管が切れたか・・・さてどっちでしょう。

動物がまったくダメな人にとっては些細な事もカンに障りますよね。
ホンのちょっとした事がトラブルに発展・・。
自分には何ともない事でも相手には許せない事かもしれないし。
最近、暑いので網戸にするんですが人通りの多い朝や夕方は
何かと吠える確率が高く、これも近隣の方には騒音ですよね。
すぐ閉めるようにはしているんですが・・・悩みの種がここにも。

ぱぱさんはある番組で放映していた杜○茶で腹周り痩せに挑戦します(笑
薬局全滅でネットで get しましたよ。
今回は笑顔で bye bye できました♪♪
お盆に長いお休みありますから、子等も楽しみにしています♪♪
Posted by まろんママ at 2006年07月31日 21:19
☆リッキーママさんへ

そうだったんですか〜それはとっても嬉しい出会いでしたね♪
年を重ねるに従って人との接し方は上辺だけってのが多くなりますよね。
波風立てないように、逆らわないように、考え方も人間関係も狭くなりがちだし。
人間関係を保つために自分の考えを胸にしまったり、
一旦口に出した言葉はもう戻りませんからね・・・後悔先に立たずです。

自分が好ましい人に出会えるって事はなかなかないと思います。
今回ママさんが出会った方のように話し方が心に響く、
一緒にいて心地いい人・・・とか。
リッキーくんとのお散歩がその方によって更に素敵な時間になればいいですね。

ご実家で猫を飼ってらっしゃるのですね。
うちにも今いますが同じ事になったらどうするだろう。
今度聞いてみようと思ってます。
Posted by まろんママ at 2006年07月31日 22:55
☆アポロさんへ

お帰りなさいませ♪♪

まろんの悲鳴を聞いた限りではもっとひどい事になってるかと
パニックになってましたが、このくらいで済んでて本当にホッとしました。

動物を飼っている人は ”動物”のやった事ではなく
”自分の家族”が起こした事だと思ったらこういった対応はなくなると思うんです。
犬が猫を襲う事とは意識もまったく異なるのかな・・・。
アポロさんのおっしゃるように立場が逆なら・・・?
動物を最後まで面倒を看る事は当たり前ですが
責任を持つ事はそれだけではないはずですよね・・・。

ご心配おかけしました、もうすっかり元気印です♪♪
今は夏休みなのでまろん姉だけじゃなく兄ともバトル中です(笑
Posted by まろんママ at 2006年07月31日 23:20
☆歌織♪さんへ

もう、頭細胞がショートしそうでしたよ(笑
頭の中で考えてる事がキチンと活字にできないもどかしさ・・・。
言葉のボキャブラリーが少ないのね〜子等の事言えないですね(笑

子供の頃、実家で犬を飼っていた時は親が世話をしていたので
”責任 ”はまったく意識していませんでした。
今自分の家族として共に暮らしてみて責任の上にある愛情を感じます。
今回の経験で相手への対応とフォローを
飼い主さんが考えてくれたらいいんですが・・・。
Posted by まろんママ at 2006年07月31日 23:58
まろんちゃん、パパさんのご帰宅嬉しかったでしょうね\(^o^)/
パパさんと、まったりなまろんちゃん
可愛いですぅ♪
まろんちゃんのケガも良くなっているようで良かったですね!

どこのお家でも、我が子が一番だと思いますが
やはり最低限のマナーだけは守りたいと思いますね。
トラブルだけは避けたいですからね〜。
自転車や人が横を通り過ぎる時も、リードを短く持って飛びつかないようにとか
普段から、ちっちゃな事でも細心の注意を払ったりしています。


Posted by あろあ at 2006年08月01日 00:00
まろんちゃんパパさんに甘えてますね。
べったりしてる姿可愛い〜。へそ天で寝てる姿も。
まろんちゃん怪我良くなっているみたいで安心です。
でも、たまたま傷が大きくなかったから良かったものの、目だったら一生の問題にもなりかねないですし・・・。
難しいですよね。多分これで大怪我が目に見えてたらその飼い主さんも何らかの対応をしてくれると信じたいですけど、悲鳴をあげてて、人事って言うのは私は?です。

犬同士のトラブルは家の近所でよくあるのですが、やっぱりその場で一緒に病院に行くのが当たり前なので・・・。
あと、マナー等に付いても色々話し合ったりしますね。
ちなみに私の実家は北海道なんですが、やっぱり猫はトイレのマナーなどの問題があるので外に出ちゃいけないという条例があって、抱いて外をお散歩してます。
まろんちゃんの場合は、一緒に居た方がご近所ということがあるし、今回のまろんままさんの選択は正しいとおもいます。
色々こうゆうトラブルは難しいですね。
歩行者についても犬が苦手な人もいますから(ナツを飼うまでの私もそうでした)、結構慎重になります。
でも、若い子達に逆にロケット花火を向けられたり、ねずみ花火を投げつけられたりすることもあります。
その場合は文句を言いますが、それも最近の若い子は逆切れされる場合もあるので怖いですよね。

言葉は難しい・・・私もとても同感しながら長々書いてしまいました。
リンクの件ありがとうございました。
さっそくリンクさせていただきます。
お時間のある時にでも遊びに来てくださいね。
Posted by ナツママ at 2006年08月01日 01:21
まろんちゃん、怪我が良くなってきたみたいで
安心しました^^
色々と思うところがあると思いますが、
こういってはなんですが、まろんちゃんが大けがでなくてよかったです・・・。本当に・・・。

パパさん帰宅されたのですね^^
まろんちゃんもまろんママさんもゆっくりした時間を過ごされて下さいね^^
Posted by Cocomomo at 2006年08月01日 13:50
☆ mari-rin さんへ

そうですね〜ホンの一握りの飼い主さんの心無い行動が
その他大勢の常識ある方々の行動まで否定されてしまう恐れアリですよね。

自分の常識と他の人の常識って比べようがないですし
今まで自分が常識だと思っていた事が
相手にはそう思われない事って昔より多いと思うんです。
こちらでは今の動物事情をよく知らない年配の飼い主さんの方が
眉をひそめられる行動が多いような気がします・・・。

自分の子に対する愛情を他の子にも少し、
自分が経験してイヤだという行動は相手にもしないように。
これは子供の時に教わりました・・・今の大人は忘れてるのでしょうか。
コメントお返しするのもなかなか難しいです、ハハハ(笑)
Posted by まろんママ at 2006年08月01日 20:32
☆あろあさんへ

ごめんなさいね〜(><)
あろあさんからいただいたバトンもお答えできないまんまです(泣

ここまでする必要ないんじゃないか??って事はありませんよね。
飼い主がもっと注意していれば防げるトラブルってありそうです。
あろあさんのようにリードを短く持つとか・・・。
車で走ってるとお散歩中のわんこのリードが長くて怖い時があります。
飼い主さんは車の方が避けると思ってるような素振り(怒
運転もするし飼い主でもある・・・多くの人がそうだと思うんですが。

パパさんに対する歓迎ぶりは毎度の事ですがじっくり見てしまいます。
微笑ましくて(笑)しばらく離れませんでしたよ♪♪
Posted by まろんママ at 2006年08月01日 20:48
コメントにコメントさせて下さい(^^;)

ホントにそう思います。
うちの近所は昔から犬を外飼いしている方も多く、そういう方はやはり田舎的考えなのか、うんP袋を持たないで散歩されている人が多いです。
まさに現在の動物事情を知らないと言えますよね。
年配の方にももっとそういう社会勉強をしてもらいたいと思うことも多いです。
(私も年配ですが・・・汗)
Posted by mari-rin at 2006年08月01日 21:52
☆ナツママさんへ

ペットの数が増えるとトラブルも自然と多くなりますよね。
トラブルの種類も多種多様でなかなか大変です。
ママさんのご実家の方では条例がキチンと守られているんですね。
これだけペットが多くなってきているのだから
動物に対する虐待、繁殖等々・・・法律、罰則の強化が必要な時代のようです。

今回、相手の飼い主さんの態度・・・まだ納得もできないですし
おそらく心の中では許せないと思っているのですが
この事があった事で blog 上でいろんな方の考え方を知り
結果的には勉強になったなぁ〜と思っています。
ご近所の方々からも声をかけていただき、その飼い主さん達も
動物間のトラブルに関して改めて考えたという方もいました。
普段からお互い話し合う事によってハッ!とする事もありますよね。
自分の甘えに気づく事もあります・・・。

パパさんはたまにしか会えなくなったので
余計に甘えたいのでしょうか。
あれだけ甘えてもらったらパパさんも嬉しいと思います♪♪(笑
Posted by まろんママ at 2006年08月01日 21:58
☆ Cocomomoさんへ

旅行からお帰りになったのですね♪♪

ありがとうございます。
本当に大した事なく済んで安心しています。
今回はまろんに痛い思いをさせてしまい申し訳なかったのですが、
Cocomomoさんがおっしゃるように色々と思うとこはありました(笑
ただ、まろんが今も元気でいてくれるのが嬉しいです♪♪

パパさんは今度お盆に帰ってきます。
夏休みなのでパパさんがいれば遠出できるのに・・・と
子供にはちょっと気の毒な休みです(笑
Posted by まろんママ at 2006年08月01日 22:32
まろんちゃん お怪我良くなってきて
良かったです。お大事になさってね。

みんな我が子は 可愛い!
でも 時には それでは許されないこともありますからね〜
わんこが いる生活が 当たり前で いる私も 「ワンワン」少しなら 吠えたってなんて 思っていたりしますが やっぱりご近所は うるさく感じているのでしょうね。もちろん 気を付けては いますが
ご近所付き合いは 一生なので
お互い 気持ちよく 動物飼いをしたいものですよね。
本当に 言葉の使い方って むずかしいなぁ〜と 思っています。
文章だけだと 人柄が出ますからね〜
そんなつもりじゃないんだけどな〜と思って書いても 受け取る側にしてみれば
どう思うか解りませんからね〜
う〜ほんと 難しいですね。
私も 失礼あったら ごめんなさいね。
Posted by みんめい at 2006年08月02日 11:50
まろんちゃんが元気になったとの文章を拝見して安心しました。
我が家にも裏の飼い猫や野良猫が庭に来て日向ぼっこをしたりしています。
以前、こー太が庭へ出たらすごい威嚇をされた事があって
慌てて離したのですが私はその時異変に気付きましたが予知出来ない
行動もあると思うんです。決して猫が外を散歩している事が悪い事とは思いません。
むしろ当たり前の事だと思います。
でもそこに飼い主さんがいたのならば何かしらの謝罪があっても良いと
思うのです。誰だって自分の家の子が一番でしょう。わかります。
では逆の立場だったらあなたは大騒ぎしませんか?と思うのです。
いつもでも人の立場に立って考えられる人ばかりではないかもですが、
素直に謝れる自分でいたいとは常日頃思っています。
何だか訳のわからない事を書いてしまってすみませんm(__)m

まろんちゃん、パパさんが帰ってきて安心したお顔ですね(*^_^*)
Posted by とも at 2006年08月02日 14:35
☆ mari-rin さんへ

もう、何おっしゃってるんですか(笑

そうですね〜以前住んでいた所には、
その土地に代々〜というお家がたくさんありました。
田んぼも多く、農道をお散歩しているわんこがたくさんいたのですが
そばにいる飼い主の中には用水路の中、
田植えが済んだばかりの田んぼの中めがけて
犬のウンPを投げる人間が多数いました・・・。
市内だよな・・・ここ・・・と、我が目を疑った事もありました。
そんな行為をする人は小さなスコップ持参なのですぐわかります。
怒り爆発でしたが、非難できない自分も情けなかったです・・・。
Posted by まろんママ at 2006年08月03日 15:34
☆みんめいさんへ

そうですよね〜ご近所付き合いは一生続くものなので
お互いの距離感やトラブル時の対応は難しいと思います。
以前は団地に住んでいて、顔も見たことない住人もたくさんいましたが
今はさすがにそういう訳にはいきませんので余計に神経を使います。

みんめいさんと同じように犬の鳴き声に関しては
できるだけの事をしているつもりですが
『つもり』だけにならないように時々お隣さんに確認する時もあります。
犬は歓迎の気持ちから吼えてしまう事もありますからね・・・。
犬の嫌いな方じゃなければ、できるだけまろんと接していただくようにもしています。
おかげ様でまろんの件で苦情もらった事はありませんが
嫌いな方はきっと我慢してるんだろうな〜と考えたりしますよね。

みんめいさん、全然失礼じゃないですよ〜(笑
Posted by まろんママ at 2006年08月04日 10:58
☆ともさんへ

今、他人のせいにして自分の非を認めない人間が多くなってきてるように思います。
絶対にそうであってはいけないと思うので子供にもよく言って聞かせています。
自分の不注意から他の人を不快な思いにさせてしまう時がいつ訪れるかわかりませんし・・・。

ともさんの
<素直に謝れる自分でいたいとは常日頃思っています。
まったく同感です。
今回は動物同士の事でしたし、まろんのケガも大した事なく済みましたが
これが逆の立場・・・もしくは子供同士の事だったら
いったいどうなっていただろう・・・と、どうしても考えてしまいます。

おかげ様ですっかり元気になりました!!
ご飯もバクバク食べてくれて、困ったような、嬉しいような(笑
Posted by まろんママ at 2006年08月04日 11:26
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/393191
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック